【覚える広告は2つ】

 

多数ある広告をシンプルに分類する

 

広告といっても、下記のように多岐にわたり、さらに新しいサービスが次々とうまれるので何をすればよいのか分からないと思います。

(例)

・SNSを使った広告

(各SNSのみ訴求)

 

・GoogleYahoo!を利用した広告

(GoogleやYahoo!のブラウザで訴求)

 

・YouTube広告

(YouTubeのみで訴求)

 

・ジオターゲティング広告

(GPS・Bluetooth・Wi-Fiなどから位置情報を取得し訴求)

 

今回はその中でも基本となるGoogleとYahoo!広告についてお伝えします。

 

オークション広告とクオリティー広告

 

その前に、まずはオークション広告とクオリティー広告の違いを理解する必要があります。

 

 

分類するとこのような感じに分けれます。

 

 

オークション広告とはお金を出して広告を出すもの

クオリティー広告とはお金をかけない信用力の広告

※YouTubeや各SNSにも広告はありますが今回の分類では通常の利用として分類しています。お金を掛けた広告の場合は当然左側(オークション広告)に分類されます。

 

✅メリット

オークション広告

[短時間でユーザーへ訴求が出来る]

 

クオリティー広告

[信用力なのでユーザーからの認知が信頼度が強い]

 

✅デメリット

オークション広告

[広告と分かると信用力が低い為効果が薄い]

 

クオリティー広告

[信用をつけるまで時間がかかる]

 

つまり、どちらも行う必要があります。

信用力がついていない間は、オークション広告で認知を広げる。その間に信用力をつけていく。

最終的には(クオリティー広告)信用力だけで集客できるのがベストです。

 

検索広告とディスプレイ広告

 

GoogleとYahoo!広告ではこの2つを覚えて頂ければ大丈夫です。

 

■検索広告

 

GoogleやYahoo!の検索エンジンで

[パチンコ 転職]

などと検索した際に、検索結果上位にテキスト広告を表示できます。

 

■ディスプレイ広告

Googleであれば、blogや各サイトへ画像広告として配信

Yahoo!であれば、Yahoo!ニュースやYahoo!乗り換えなどYahoo!コンテンツに配信

 

 

検索は顕在層・ディスプレイは潜在層

 

 

検索広告は、目的をもって調べたユーザーへ訴求できるのがポイントです。

 

ディスプレイ広告は、認知が目的なので何度も画像で目に触れることができるのがポイントです。

 

余談

 

ジオターゲティングというのも最近流行っています。

下記のように、主に3つを利用してユーザーに訴求する広告です。

 

メリットとしては、店舗内にいるユーザーや、指定範囲にいるユーザーに訴求できるので効果的です。

ですが、位置情報など許可していないと計測ができません。

総務省が出しているデータだと、3割ちょっとが位置情報を提供しており、提供しているかわからない部分の半分が位置情報ONになっていると仮定すると、約5割位だと思います。つまり2人に1人くらい。

 

このデータが平成26年と古いのと、私たちの個人情報の意識が高まっていることから、もしかするともう少し低いかもしれません。

 

 

因みに私はGoogleMAP以外は、位置情報は使わないもしくはその都度ONにしています。

BluetoothやWi-Fiは常にONにしています。

スーパーにて、この前通知が来たときは、今後一切表示しないにチェックを入れたので来なくなりました。

ですので、通知ができるメリットもあれば嫌がられる可能性もあることは認識しておきましょう。

 

 

今回の内容についてや、何かお問い合わせがございましたら下記より365日24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

 

 

 

齋藤裕樹

2009年から転職支援サイトの管理運営全てを任され、広告運用代理店に何度もだまされました。自分に知識がない事を痛感し、2010年からWeb広告の重要性を感じ、GoogleやYahooへ学習時間を投資しました。Googleについては700時間以上を費やしGoogle認定アナリティクス個人認定資格(GAIQ)やAdWords認定資格も取得し、運用実績も認められ、運用・費用・資格保有など全ての規定要件などを満たした企業だけに与えられる「Google Partner」に認定されました。

プロフィール