プラスアルファのブログ

Googleマイビジネス

パチンコ店のWEB勉強【Googleマイビジネス】

Googleマビジネスの必要性

 

今回の無償で有益な情報は↓

【Googleマビジネス重要性と運用】

 

GoogleMAPがユーザーに多く利用されている理由

 

ユーザーが【検索からGoogleMAPを開く率】

 

 

その理由は

 

GoogleMAPが利用される理由

 

だからです。

そうです生きた地図だからです。

 

前回の記事もリンクをはります。

パチンコ店のWEB広告を無償で教えます【WEBの重要性を数字で見る】

上記でも記載したように、

 

✅リアルタイムで更新される生きた地図

✅自分好みにカスタマイズされる地図

だからです。それは当然利用されますよね。

 

こんな感じでリアルタイム情報が常に更新されるわけです。

GoogleMAP利用画像

 

Googleが評価するのはユーザーの為になる情報発信をしているかどうか

これは、店舗に限ったことではありません。

個人(ローカルガイド)も同じです。

 

つまり

✅ユーザーにとって良い情報

✅更新された情報

この2つをGoogleが評価するのは当然なのです。

 

Googleが公表する評価3項目

 

 

Googleが公表している、評価する際の3項目

 

① 関連性

検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。

充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

 

② 距離

検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。

検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

 

③ 知名度

ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。

ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。

Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEOの手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

 

Googleは評価するポイントを教えてくれている

 

店舗でGoogleマイビジネスを登録していたり、個人でローカルガイド登録していると、Googleから下記のような内容が送られてきたことは無いでしょうか。

 

 

これを言い方を変えると

 

 

こういう考えができます。

これを理解できているか、何も意識せず流し読みしているかで差がつきます。

 

GoogleMAPへの店舗情報の更新は早い方が先行者利益がありますので今すぐ継続して運用しましょう。

 

 

今回の内容についてや、お問合せは↓

お問い合わせはこちら

 

 

 

齋藤裕樹

2009年から転職支援サイトの管理運営全てを任され、広告運用代理店に何度もだまされました。自分に知識がない事を痛感し、2010年からWeb広告の重要性を感じ、GoogleやYahooへ学習時間を投資しました。Googleについては700時間以上を費やしGoogle認定アナリティクス個人認定資格(GAIQ)やAdWords認定資格も取得し、運用実績も認められ、運用・費用・資格保有など全ての規定要件などを満たした企業だけに与えられる「Google Partner」に認定されました。

プロフィール

 

パチンコ店のWEB広告を無償で教えます【WEBの重要性を数字で見る】

Googleマイビジネスイメージ画像

 

今回の無償で有益な情報は↓

【WEBの重要性を数字で見る】

 

検索するときのデバイスを数字でみる

総務省が2017年に調査したデータでは、

全世代

パソコン 48.7%

スマホ  54.2%

 

20代~40代

パソコン 70%

スマホ  90%

 

意外に全世代見ると利用率が少ないと思った方は「ちょっと待って!」

これは2017年データですしテレビの視聴率計測と同じで、これが全てと思ってはいけません。

 

ネットのスピードはとにかくはやく、4年で大きく様変わりします。

 

例えばLINE、これは2011年にリリースされて、この10年でほとんどの人が使っているツールまで普及しました。なにより、年配の方がスマホに変えた際にほぼほぼ利用しているツールにまで普及しました。

 

理由は、お孫さんとのテレビ電話や画像などのやりとりが大きな要因のようです。私の両親もそれを理由にガラケーから遂にスマホに変えました^^

 

下記のデータを見てもわかりますが、2016年までの各年代別のSNS利用率ですが、非常に速いスピードで利用率が高くなっているのが分かると思います。このデータも国が出しているので2016年と古いですが、ここから5年経っているので、容易に想像がつくとおもいます。

 

 

 

検索するときの検索エンジンを数字で見る

日本国内

Google  72%

Yahoo! 22%

 

世界で見ると

Google 90%

Yahoo! 3%

 

Google凄すぎる。

 

検索するときの地図アプリ

経路検索アプリ

これもまたGoogle

 

ユーザーの検索経路を数字でみる

10人いれば9人がスマホでパチンコ店情報を検索して、そのうち6~7人が検索上位のGoogleMAPをクリックし、3~4人が実際調べた何れかのパチンコ店に来店しているというデータです。

 

信じるか信じないかはあなた次第です!!

ですが、こういったデータから仮説を立てて、ユーザーにWEBでお店の情報を発信していくことはとても大切です。

是非会議でもWEBについて話す機会を増やして頂き、感覚ではなく数字で戦略を話せるようになりましょう。

 

パチンコ店が自分たちでWEBに少しでも強くなれるように、私ができる情報発信をこれからも続けていきいます。

 

今回話した内容より詳しい内容をYouTubeにまとめています

 

今回の内容についてや、お問合せは↓

お問い合わせはこちら

 

 

 

齋藤裕樹

2009年から転職支援サイトの管理運営全てを任され、広告運用代理店に何度もだまされました。自分に知識がない事を痛感し、2010年からWeb広告の重要性を感じ、GoogleやYahooへ学習時間を投資しました。Googleについては700時間以上を費やしGoogle認定アナリティクス個人認定資格(GAIQ)やAdWords認定資格も取得し、運用実績も認められ、運用・費用・資格保有など全ての規定要件などを満たした企業だけに与えられる「Google Partner」に認定されました。

プロフィール

 

PAGETOP