プラスアルファのブログ

WEB

パチンコ店のWEB広告を無償で教えます【WEBの重要性を数字で見る】

Googleマイビジネスイメージ画像

 

今回の無償で有益な情報は↓

【WEBの重要性を数字で見る】

 

検索するときのデバイスを数字でみる

総務省が2017年に調査したデータでは、

全世代

パソコン 48.7%

スマホ  54.2%

 

20代~40代

パソコン 70%

スマホ  90%

 

意外に全世代見ると利用率が少ないと思った方は「ちょっと待って!」

これは2017年データですしテレビの視聴率計測と同じで、これが全てと思ってはいけません。

 

ネットのスピードはとにかくはやく、4年で大きく様変わりします。

 

例えばLINE、これは2011年にリリースされて、この10年でほとんどの人が使っているツールまで普及しました。なにより、年配の方がスマホに変えた際にほぼほぼ利用しているツールにまで普及しました。

 

理由は、お孫さんとのテレビ電話や画像などのやりとりが大きな要因のようです。私の両親もそれを理由にガラケーから遂にスマホに変えました^^

 

下記のデータを見てもわかりますが、2016年までの各年代別のSNS利用率ですが、非常に速いスピードで利用率が高くなっているのが分かると思います。このデータも国が出しているので2016年と古いですが、ここから5年経っているので、容易に想像がつくとおもいます。

 

 

 

検索するときの検索エンジンを数字で見る

日本国内

Google  72%

Yahoo! 22%

 

世界で見ると

Google 90%

Yahoo! 3%

 

Google凄すぎる。

 

検索するときの地図アプリ

経路検索アプリ

これもまたGoogle

 

ユーザーの検索経路を数字でみる

10人いれば9人がスマホでパチンコ店情報を検索して、そのうち6~7人が検索上位のGoogleMAPをクリックし、3~4人が実際調べた何れかのパチンコ店に来店しているというデータです。

 

信じるか信じないかはあなた次第です!!

ですが、こういったデータから仮説を立てて、ユーザーにWEBでお店の情報を発信していくことはとても大切です。

是非会議でもWEBについて話す機会を増やして頂き、感覚ではなく数字で戦略を話せるようになりましょう。

 

パチンコ店が自分たちでWEBに少しでも強くなれるように、私ができる情報発信をこれからも続けていきいます。

 

今回話した内容より詳しい内容をYouTubeにまとめています

 

今回の内容についてや、お問合せは↓

お問い合わせはこちら

 

 

 

齋藤裕樹

2009年から転職支援サイトの管理運営全てを任され、広告運用代理店に何度もだまされました。自分に知識がない事を痛感し、2010年からWeb広告の重要性を感じ、GoogleやYahooへ学習時間を投資しました。Googleについては700時間以上を費やしGoogle認定アナリティクス個人認定資格(GAIQ)やAdWords認定資格も取得し、運用実績も認められ、運用・費用・資格保有など全ての規定要件などを満たした企業だけに与えられる「Google Partner」に認定されました。

プロフィール

 

パチンコ店のYouTube広告は1日予算3,000円で余裕です

保存版】YouTube広告の種類と成功のカギ | SEMジャーナル

 

最近多くのパチンコ店で「You Tube広告だ!」といった話を聞きます。

YouTube広告は自分たちで簡単にできる

なぜやるのか理由を聞くと

 

You Tube広告を始める店舗の理由

① 今You Tubeの利用者が多いから

② 安価だから

③ 業者が全部やってくれるから

④ 費用対効果がわかるから

 

という感じかと思います。

 

 

結論から言えば、

半分正解で半分間違い

 

YouTubeの月間利用数は6500万人以上

まずYou Tubeという市場は急成長し、MAU(マンスリーアクティブユーザー)は6500万人です。

このMAUとは、月に1度でもYou Tubeを開いたり閲覧した場合にカウントされます。それが国内で6500万人います。日本の人口の半数以上をすでにカバーしていますので、ここに広告を出すことはもちろん効果的と言えます。

 

また、費用についても確かに他のメディア媒体よりも安い場合が多いです。

 

YouTubeの視聴単価は5円前後

パチンコ店のチラシは部数やエリアで異なりますが、概ね3円〜5円かと思います。

ここでは平均をとって4円とします。

 

1枚のチラシに4円なので一見易そうに見えますが、これはあくまでポスティング料金であって、これ以外にチラシ1枚の印刷代などや、最低ロット数が5000部からなど以外にまとまった費用がかかります。

なにより、このチラシの致命的なのはターゲティングがエリアでしか絞れないことです。

 

パチンコを遊技していそうな家だけを狙ってポスティングは不可能なわけです。つまり、全く興味のない人にも届くということです。

これでは双方にメリットはないですよね。

 

ではYou Tube広告はどうでしょうか。ターゲットも設定出来て1回の視聴単価も5円前後です。

You Tube広告はGoogle広告の管理画面から設定を行います。実際のデータです。

 

 

ターゲット

・店舗から半径3キロ

・18歳以上の男女

・指定キーワード

・プレースメント(指定チャンネル)

 

YouTube広告の種類

・スキップ不可6秒動画(バンパー)

・スキップ可17秒動画(インストリーム)

 

バンパー1視聴50銭・インストリーム1視聴2円

バンパー広告はCPMで価格が決まります。CPMは1000回表示したときの金額です。例えばCPM1000円の場合は、1000円÷1000回なので、1回の視聴に1円ということになります。CPM2000円の場合は、1回の視聴単価が2円となります。

 

インストリーム広告は4秒間表示されその後スキップボタンを押せる広告です。30秒以内のスキップは費用が掛かりません。ただし30秒以内の動画で最後まで見られた場合は費用が掛かります。

 

今回の動画は17秒ですので、16秒でスキップなら0円ですが17秒みられたら動画が終わるので費用が発生します。仮に40秒の動画を広告配信した場合、30秒経過した時点で、最後まで見られていなくても費用が発生します。

 

これを見るとわかりますが、バンパー広告安価で、強制的に6秒で情報を伝えることができました

 

現時点では、私はパチンコ店のYouTube広告はバンパーでの出稿を進めています。

理由はユーザー目線で組み立てると必然的にバンパー一択になります。

このあたりの理由はまたの機会にお伝えします。

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

齋藤裕樹

2009年から転職支援サイトの管理運営全てを任され、広告運用代理店に何度もだまされました。自分に知識がない事を痛感し、2010年からWeb広告の重要性を感じ、GoogleやYahooへ学習時間を投資しました。Googleについては700時間以上を費やしGoogle認定アナリティクス個人認定資格(GAIQ)やAdWords認定資格も取得し、運用実績も認められ、運用・費用・資格保有など全ての規定要件などを満たした企業だけに与えられる「Google Partner」に認定されました。

プロフィール

 

 

パチンコ店がWeb広告をやる理由

 

2021年4月15日記事更新しております。

下記、昨年に書いたブログですが、

「パチンコWEB広告」

というキーワードで1位になっています。

 

これ自体をどうこう言いたいのではなく、このキーワードで検索されているということは、パチンコ業界でのWEB広告の重要性が高まり、認知され始めたということだと思います。

 

その為私個人的にはとても嬉しいです。

重要性に気づいたのであれば、あとは行動するのみです。

 

ですが、この行動も間違ってはいけません。

他人任せはダメです。厳密には、他人(業者)に任せてもいいのですが、目的(WHYなぜ)の部分がしっかりしていないと、広告を出す側も、管理する代理店もユーザーも誰もHAPPYになりません。

 

パチンコ店でのWEB集客についてはニーズがあることがわかりましたので、出来る限り無償で有益な情報をブログやYouTubeで配信していきたいと思います。

 

ここからは2020年1月記事

先日、出張で山梨県に行ってきたのですが、国道を走っているといくつかのパチンコ店があり、

昔は混んでいたイメージの店舗がガラガラになっていて驚きとショックを受けました。

 

タイムスリップ9年前(2010年)

確か祝日のお昼時点で、見た目で駐車場に車が9割止まっている印象でした。

店内の稼働も600台くらいのお店でぱっと見7割強稼働している印象でした。

 

それがこの前見たとき(2019年)

同じ祝日のお昼時点で、駐車場は見た感じ3割くらい。

店内の稼働も1円と5円が増えていて、稼働3割ないくらいでした。

 

あんなに強かったお店でも、こんなにお客様がいなくなるんだ・・・・と、

改めて1番店がずっと1番とは限らないと思いました。

もちろん商圏の遊技人口が減っていることもありますが、それでも過去1番店ではなかった店舗が

1番店になっていたので、商圏だけの理由ではないと思います。

 

多くの企業経営者の方にお会いすると、

「キミならどうやってお客様を集める?」

と、ずいぶん広い質問を頂きます( ̄▽ ̄;)

 

最初は、「私なんて!」と答えていましたが、変態妄想野郎の私はいつしか、本当に自分が店長を任されたらどうやって集客しようかと考えるようになりました。

 

ここからは私個人の集客イメージですので参考にならないかもしれませんw

※商圏の状況でだいぶ変わりますが、今回は駅前店舗で考えます。

 

ステップ1 数字と実態のすり合わせ

数字はホルコンデータでみれるのでまずは数値で自店のレート別、機種別で強い部分弱い部分を見ていきます。

そのあとは、実際に店長の私がホールに出て接客し個々人からの声を聴きます。

定点だと、点でしかお客様の声を拾えないので、3週間毎日見ます。

これで、曜日軸をカバーでき、複数回来店される可能性の高いお客様を覚えることができます

 

ステップ2 1ヶ月毎日、競合店を見に行く(できれば試打する)

毎日ふらっと休憩がてらに競合店に入るようにします。

もちろん時間もズラします。店舗巡回も客数集計のように決まった順序ではなく常にバラバラにその日の気分や競合店の情報をもとに回ります。

そこで確認するのは、競合店の営業レベルと、強い部分と弱い部分。

そして遊技しているお客様の層と自店へ来店されるお客様の重複度合いを自分の目で見て把握します。

 

ステップ3 自店のお客様の分類(売上よりも景品金額)

言い方はよくないですが、自店への来店回数や利用金額などから強いファンを見出し、そのファンが求めている欲求を把握し解決することを優先に動きます。

新規顧客を集める前にそちらを重視します。

この場合私が考える強いファンは月に5回来店し日平均1時間で2万円負けるお客様ではなく、月に4回来店し日平均4時間で1万円負けるお客様を強いファンと考えます。

売上で見れば当然日平均2万円負けて月5回来ていただくお客様ですが、私が重視しているのは滞留時間です。

郊外ではなく駅前であっても滞留時間です。

そして、なおかつ景品金額(玉やメダル)が多く見えている状況を一番良いとまずは考えて動きます。

なぜかというと、とてもシンプルなんですが、人間は心理学的にも群集心理に弱いと言われています。

そこまで興味ないけど、いつも並んでいるラーメン屋が今日は空いていると、

「この店はいつも混んでいるのに今日は混んでない!ラッキー!食べてみよう!」となりやすいとされています。

最近話題のタピオカだってそうです。次々出てくる新規店舗、、、果たしてほんとに全店がおいしいのか分かりませんが、出店すれば人が並ぶ状況です。

その群集心理にパチンコで一番強いのはお客様人数と景品金額だと私は思っているからです。

私もヘビーユーザーですが、やはり群集心理で「このお店こんなにお客さんいる!優良店かも!」と勝手にプラスに捉えてしまいます。結果負けることが多いですがw

パチンコ店で分かりやすいのはお正月ですね!どの店も稼ぎ時な営業をされているのに、それでもお客様が来られる現象と同じです。

つまりは、最大の呼び込み手法は、店内にいる毎時間の平均客数を増やすことと、個人の口コミです。

 

ステップ4 店内でお客様が集まるコーナーが出来たらWebで告知していきます

安定して、いつ来店してもお客様が半分くらいはいるコーナー(島)を生み出せたら、次は外販で仕掛けます。

世の中のパチンコ店が意味がないとあまりやっていない、Web広告(リスティング広告)をガンガンやります。

ガンガンと言っても予算は月3万円位です。

 

ステップ5 7万円で自店のオリジナルサイトを作る(ランディングページ制作)

7万円位で簡単なホームページを作ります。パチンコ転職ナビで言えばこんなサイトです。

パチンコ転職ナビのランディングページ

なぜ、このようにサイトを作るかといえば、自店に興味を持ってくれたユーザーのリストを集めれるためです。

つまりは一度は自分たちのサイトに興味をもってきてくれたユーザーにだけ、今後、ネットを通じて情報を伝えることができます。

費用は恐ろしく安く、でも見込みユーザーのみに告知できるので、最高のコスパなのです。

これを分かって本気でやっている店舗は少ないので、完全ブルーオーシャンですw

一部業者様へ依頼している店舗もありますが、目的が私とは根本的にことなります。

 

私がWeb広告を行う理由はたった3つです

☑ 商圏内で、どのお店がどんな検索ワードで調べられているのかを把握できる(ユーザーのネットの動きを知れる)

☑ 競合店の情報を調べている人だけに情報を伝える(自店に浮気してくれそうな見込み客へ訴求できる)

☑ 自店のサイトを見てくれた人だけに情報を伝える(自店に興味がある人だけにお得情報をWebから届けられる)

 

ステップ6 Web広告情報と店内情報をリンクさせる(販促物と景品金額、お客様の数)

いくら良い外販が出来ても、お店に来店し全然違ったら、マイナスの印象しか持ちません。

パチンコ店の面白さはお店側とお客様との駆け引きだと勝手に思っていますのでw

 

例えば、新台入替の広告をみて来店しました。

新台が全然座ってません。

その他の遊技台も1円以外はほとんど空台状態。

これでは、新台プロモーションしないほうがいいです。

 

新台入替を打ち出すからには新台が稼働していることが重要です。

最悪稼働していなくても、どこかがっつり稼働しているコーナーがあれば店内の導線づくりで誘導できます。

 

新台入替でお店に行った。

リゼロがフル稼働していた。

別のコーナーを見ると、何やらまどマギも稼働し始めている。。。

 

群集心理で言えば、その時お客様はこう思います

 

「そうか!もしかしたら今日はリゼロとまどマギが熱いのかもしれない!」

 

そしてその人が遊技し始めれば、まどマギコーナーはリゼロコーナーのように見栄えがよくなります。

店舗で2コーナーがフル稼働していれば、お客様の「ちょっとこの店で打ってみようかな」率は大分高まると思います。私がそうだからですw

このあとのステップ7と8があるのですが、長文になり、まとまりがなくなってきたので、ステップ6で終わります。

 

書いてて思うことは、

 

結局、いつの時代でも

 

お客様を裏切らず、お客様目線で営業できているお店が強い

 

そして支持されるんだと書いてて思いましたw

 

もちろん、世の中のどの企業や店長も同じことを考えていると思います。

それでもなかなかできないのは、ビジネスなので利益を生まなければいけないためです。

機械代に莫大なお金がかかります。もちろんそれ以外も沢山かかる費用があります。

結果、お客様の期待と相反した営業が多くなり、駆け引きレベルではない営業が当たり前になり、

更にお客様が離反したり、財布のひもが固くなったというのが今の実態ではないでしょうか。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

齋藤裕樹

2009年から転職支援サイトの管理運営全てを任され、広告運用代理店に何度もだまされました。自分に知識がない事を痛感し、2010年からWeb広告の重要性を感じ、GoogleやYahooへ学習時間を投資しました。Googleについては700時間以上を費やしGoogle認定アナリティクス個人認定資格(GAIQ)やAdWords認定資格も取得し、運用実績も認められ、運用・費用・資格保有など全ての規定要件などを満たした企業だけに与えられる「Google Partner」に認定されました。

プロフィール

 

PAGETOP